上越のごっつぉ「春・夏」

haru_title




単品料理


小鉢

鱈の子の糀漬け
西が「からし明太子」なら、東の上越はこれ。
冬になると、市内の魚屋や料理店が味を競って漬け込む高級珍味です。
小鉢



ニシン味噌
酒の肴に最適な春のなめ味噌。
小鉢



フキ味噌
酒の肴に最適な春のなめ味噌。



こごみの胡麻和え

早春の苦味の残った山菜を、素材の生かした和え物に。
小鉢



うどの酢漬け
うどの上越風の食べ方です。
小鉢



フキノトウの味噌和え
フキノトウを味噌和えにするのは上越ならでは。
小鉢



かたのり煮
早春の日本海で採れる海草・かたのりをさっと煮ました。
小鉢



ホタルイカの酢みそ和え
ホタルイカはこの地域では酢味噌和えでいただきます。
小鉢



日本海もずくの酢の物
沖縄のもずくとは一味違います。



車麩の胡麻酢和え
上越の麩は大きな車輪型。コクのある和え物で。
小鉢



地魚料理

メギスの塩焼き
上越では「キスよりメギス」と誰もが口を揃えて言います。
素朴な塩焼きだからこそひきたつ豊かな味わいとしっとり感をご堪能あれ。
小鉢



白身魚の酒粕煮
地元の蔵元から出る新鮮な「酒粕」と味噌との調和が絶妙な一品。
小鉢



ニシンと筍の煮付け 小鉢



干し幻魚と汐するめの天ぷら
幻魚はこの地域では干すのが一般的。スルメは干した半生のスルメイカ。
いずれも焼くか天ぷらにするのが上越の食べ方です。
素朴な郷土の味わいをどうぞ。



一品料理

桜鯛の新酒蒸し
春に出揃う新酒で、春を代表する食材を蒸し上げました。
酒の旨みが際立つ一品。
小鉢



山筍姿焼き(季節により焼筍の木の芽味噌)
山筍を姿焼きにし、塩でいただきます。孟宗竹は木の芽味噌で。
小鉢



上越のっぺ
新潟地方の「のっぺ汁」とは異なり、葛でとろみをつけた煮物。人が集まる席が、「平らに収まるように」との「納平」が由来で、仏語でいう六道を越える意味で、七品以上の食品が入っています。
小鉢



白玉の衣揚げ
米どころ上越ならではの白玉を使った揚げ物。
春夏秋冬で中に入れる食材が異なります。
小鉢



ご飯物・汁物

桜寿司
桜鯛の酢じめと桜の花を使った春の香りがいっぱいのお寿司。
夏・秋・冬の寿司もあります。
小鉢



山筍汁
今も家庭でつくられる素朴な家庭の味。



ぎんば草汁

早春の海草を使った磯の香豊かなみそ汁。



ページトップ



公益社団法人 上越観光コンベンション協会

〒943-0171 新潟県上越市藤野新田175-1 (上越観光物産センター内)
TEL:025-543-2777 FAX:025-545-1113 E-Mail: jtca@joetsu.ne.jp

新潟県知事登録旅行業 地域―383号 (一社)全国旅行業協会正会員

上越妙高駅観光案内所 TEL:025-512-6016
直江津駅前観光案内所 TEL:025-539-6515
高田駅観光案内所   TEL:025-521-5140