雁田神社
名立区 
ほたるライン
享保3(1718)年、ある百姓が畑を耕していると「陰・陽」を象った石が出てきました。珍しい石、と持ち帰り、庭石にしたところ家族が次々と病いに倒れました。子の代になった文政2(1819)年、枕もとに貴人が現れ「珍しいモノ扱いでなく、敬い祀るなら『産霊』の幸せを授け願い事も叶える」と告げたため、祭り直したのがこの社の始まりといわれています。現在は出産、安産、婦人病の神様として多くの参拝者が訪れます。
DATA
住所
上越市名立区折居735
電話番号
025-538-2124(山本宅)

閉じる

Copyright © Joetsu City. All rights reserved..