上越のごっつぉ「秋」

ごっつお秋ロゴ

単品料理


小鉢

鱈の子の糀漬け

西が「からし明太子」なら、東の上越はこれ。
冬になると、市内の魚屋や料理店が味を競って漬け込む高級珍味です。
鱈の子の糀漬け

じんた
塩鮭を大根おろしと味噌で煮た素朴な郷土料理です。
じんた

ずいきの酢漬け

八頭の茎を茹でて酢につけた昔からの料理。
赤いのは天然の色です。
ずいきの酢漬け

ごぼうのくるみ和え


この地域に自生するくるみをごぼうと合わせた地域料理。

れんこんの黒ごま和え

高田公園外堀の「はす」は東洋一と言われます。
旬のはすを昔懐かしい味付けで。

かきの素のお浸し

旬の食材を生かした地域料理。

菊菜と焼椎茸の白和え
菊葉は香りがよく、しゅん菊とも呼ばれます。
これからが旬の葉物です。
菊菜と焼椎茸の白和え

いとこ煮

旬の野菜を素朴な味付けで煮ました。古くから伝わる郷土料理。
いとこ煮

煮和えなます

集まりには今でも出されるおばあちゃんの味です。
煮和えなます

車麩のごま酢和え
上越の麩は大きな車輪型。コクのある和え物に仕上げました。

なすの油味噌
旬のなすを使った秋のなめ味噌。酒の味が引き立ちます。
なすの油味噌

昆布〆

鯛の昆布〆
春夏秋冬で昆布〆を用意しました。

地魚料理

メギスの塩焼き
上越では「キスよりメギス」と誰もが口を揃えて言います。素朴な塩焼きだからこそ引き立つ豊かな味わいとしっとり感をご堪能あれ。

鮭のどんがら煮
ふるさとの風景を喚起する郷土料理。
油がのった旬の鮭と秋の根菜を酒粕と味噌で煮ています。
鮭のどんがら煮

きのこと魚の酒蒸し
ふるさとの風景を喚起する郷土料理。
油がのった旬の鮭と秋の味覚きのこを蔵元の酒で蒸しあげました。
酒飲みのはたまらない一品。
きのこと魚の酒蒸し

メギスのフライ・天プラ
「キスのフライ」よりもおいしいと言われる庶民の味です。
メギスのフライ・天ぷら

一品料理

イカのイシル仕立て
「イシル」とはイカのわたを塩漬けにし、1~2年発酵させて造る魚しょう油この地域ならではの個性豊か調味料「イシル」で海の幸と山の幸を煮ました。さっぱりとしてコクのある秀逸な一品。
イカのイシル仕立て

干しずいきとぜんまいの煮物
地元の人達が好んで食べる干しずいきと、山菜の中でも高価なぜんまいを昔ながらのおばあちゃんの味に仕上げました。
干しずいきとぜんまいの煮物

自然薯汁
自然薯を味噌汁で割るのが上越ならではの所以です。

白玉衣揚げ
米どころ上越の「白玉」に、旬の鮭のすり身ときのこを詰めてあげました。

冷やしのっぺ
「上越のっぺ」は新潟地方の「のっぺ汁」と異なり、里芋のぬめりが出ないように煮て葛でとろみをつける野菜たっぷりの煮物。
人が集まる席が「平らに納まるように」という想いからつけられた「納平」が名前の由来で、仏語でいう六道を超えるという意味で七品以上の食材が入っている滋養豊かな郷土料理です。
冷やしのっぺ

ご飯物

柿寿司
旬の魚の酢じめと柿を使った秋の香りがいっぱいのお寿司。
柿寿司

けんさ焼き(生姜味噌)
小さなおにぎりに味噌をつけて焼き、お茶をかけて食べる郷土料理。
春夏秋冬の異なる食材を使った味噌の風味をお楽しみください。

くるみご飯
秋の味覚、コクのあるくるみと新米を炊き上げた郷土料理です。

汁物

メギスのつみれ汁
上越を代表する料理です。

里芋・大根の味噌汁
上越の家庭で一般的につくられる秋の味噌汁です。

香の物

茗荷漬け
上越特産の茗荷を漬けた香り豊かな一品です。

ページトップ



公益社団法人 上越観光コンベンション協会

〒943-0171 新潟県上越市藤野新田175-1 (上越観光物産センター内)
TEL:025-543-2777 FAX:025-545-1113 E-Mail: jtca@joetsu.ne.jp

新潟県知事登録旅行業 地域―383号 (一社)全国旅行業協会正会員

上越妙高駅観光案内所 TEL:025-512-6016
直江津駅前観光案内所 TEL:025-539-6515
高田駅観光案内所   TEL:025-521-5140