石造仏頭
三和区 
鎌倉時代に三和区の大町内会付近で採掘される大光寺石(凝灰石)を用いて彫刻されたと推定される観音菩薩、阿弥陀如来、地蔵菩薩の3つの石仏で、通称「首切地蔵」と呼ばれています。仏頭だけで約1mもあるものは全国でも珍しいといわれています。県指定の文化財です。
DATA
住所
三和区水吉
電話番号
025-532-2323
(三和区総合事務所教育・文化グループ)

閉じる

Copyright © Joetsu City. All rights reserved..