浄興寺と寺町界わい
合併前の上越市 
浄興寺と寺町界わい
親鸞聖人が常陸国(茨城県)で『教行信証』を著した寺で、正式には歓喜踊躍山浄土真宗興行寺といい、聖人が自ら略して浄興寺といいました。川中島合戦で焼失し、その後、謙信公により当地に移りました。国指定文化財の本堂や、聖人の頂骨を納めた御本廟の彫刻は目を見張るものがあります。
 寺町は高田城築城のとき、城の防衛のため城下の西側につくられました。現在65もの寺が集まり、全国的にも珍しい寺院群といわれています。
DATA
住所
上越市寺町2-6-45
電話番号
025-524-5970
HP
関連サイト(高田寺町 寺社めぐり)

閉じる

Copyright © Joetsu City. All rights reserved..