銅造如来坐像
合併前の上越市 
銅造如来坐像
薬師堂は高田城主・松平越後守光長の母である高田姫勝子(徳川3代将軍・家光の姉)によって創建されました。本尊である如来坐像は、高さ17.6cmの金銅仏ですが、過去の火災により色が黒ずみ首が曲がってしまいました。白鳳時代(7世紀後半)の特徴を示し童顔童身、美しい仏像といわれています。またの名を金谷薬師として親しまれています。
DATA
住所
上越市大貫
電話番号
025-524-3821
HP
関連サイト(上越市)

閉じる

Copyright © Joetsu City. All rights reserved..