頸城区
広大な高田平野のほぼ中央に位置する頸城区。風光明美な自然の宝庫・大池いこいの森をはじめとして、火焔型土器が出土した塔ヶ崎遺跡、雁金・茶臼山の両城跡など、歴史的な観光名所も有しています。 kubiki_map
大池いこいの森
大池いこいの森 

観光施設
坂口記念館
「酒博士」坂口謹一郎博士の功績を讃える施設で、庭園の椿も見事です。
詳細


名所・旧跡
大池いこいの森・ビジターセンター
新潟県景勝100選にも選ばれた、自然豊かなアクティブエリア。ジョギングやサイクリング、キャンプなどが楽しめます。
詳細
三十三観音
西国三十三観音の分身が祀られている小霊場です。
詳細
茶臼山城趾
御館の乱の際に落城した、春日山城の属城跡です。
詳細
雁金城趾
東頸城丘陵最西端に位置し山城の形態が見事に残されている春日山城の支城跡です。
詳細
湖岸段丘
江戸時代に干拓された大潟の潟湖により形成された、貴重な地理的資料です。
詳細
古保倉川蛇行跡
縄文時代中期初頭、保倉川が流れていた跡です。その曲がりくねった跡から、流れの激しさが感じられます。
詳細
旧古保倉川三日月湖
保倉川の河川改修により、古い川の蛇行跡が残って三日月湖となったものです。
火焔型土器
新潟県地方特有の形状をした土器。縄文時代中期に作られたといわれています。
詳細